学研労協

学研労協とは

 筑波研究学園都市地区の国立研究開発法人・国立研究所・国立大学法人等の労働組合が集まり、 労働条件・研究環境の改善等をめざして活動しています。


運動の基調

 第44期では、(1)と(2)を中心に活動を進めていきます。
(1)国立研究開発法人・国立研究所・国立大学法人等の労働条件・研究環境の改善に努めます。
(2)加盟単組間における協力関係の維持・向上に努め、学研労協の組織強化・発展を目指します。
(3)住みやすく働きやすい研究学園都市づくりに努め、平和と民主主義を守る取り組みに協力します。
(4)特定の資本や政党からの独立を保ち、個々の課題ごとに活動の方向性を共有できる外部団体と協力します。


加盟団体

 2023年9月現在、以下の14組織(うち、2組織はオブザーバー参加)で構成されています。
・国土交通労働組合 気象研究所支部(気象研労組)
・国土交通労働組合 東京気象支部 舘野分会(舘野分会)
・国土交通労働組合 建設研究機関支部
国土交通労働組合 地理支部(地理支部)
・国立環境研究所労働組合 (国環研労組)
全経済・産業技術総合研究所労働組合(産総研労組)
・全厚生 医薬基盤研究所支部(基盤研労組)
・全大教 高エネルギー加速器研究機構職員組合(高エネ研職組)
全大教 筑波大学教職員組合つくば(筑波大職組)
全農林労働組合筑波分会協議会(全農林筑波協)
・物質・材料研究機構労働組合(物材機構労組)
・防災科学技術研究所労働組合(防災研労組)
・産業安全研究所労働組合(産安研労組):オブザーバー
・国立科学博物館(科博労組):オブザーバー